SOHO在宅ワーク内職
\お仕事ガイド/

在宅ワーク

他の働き方との違い

在宅ワークは、通常の企業で働くような出勤勤務の対極にあります。特徴的なこととしては、就業場所、就業時間の拘束が弱まり、「場所を選ばず、都合の良い時間に働ける」という点です。これを、「働き方の柔軟・弾力化」と言います。基本的に、在宅ワークとは自宅に居ながらにして、自分や家庭の状況に応じて自ら就業時間を決めることができます。

これに対し、通常の雇用労働者は、オフィスや工場などに出向き、決められた時間で働きます。最近では、通勤混雑の回避や通勤時間の節約による能率向上、家庭生活との両立といった観点から、企業においてもその雇用する労働者を自宅等で勤務させる形態(在宅勤務等)が出てきているものの、まだまだ少ないのが実情です。

また、情報化の進展は仕事の内容、作業工程そのものも変えています。パソコンなどの情報通信機器を使って行う仕事には、職場で上司の指示を何度も仰がなくてもできるデジタル情報の加工・処理の仕事が多く、また、例えば在宅ワーカー同士が協力しながら行うグループワークにおいても、Eメールの一斉同報機能を使えば、自宅に居ながらにして瞬時に同じ仕事内容を共有することができます。

このように、一見自由に見える在宅ワークですが、現時点では仕事の確保は決して安定的とは言えず、必ずしも自分の計画した通りに働けるわけではありません。在宅ワークは会社員と違い、「仕事がある」状態から始めるのではなく、「仕事を獲得する」こと、つまり自らが営業活動をしていかなければ成り立ちません。また月給や賞与もなく、月によって仕事量や収入もムラがあります。


SOHO在宅ワーク内職TOP
Copyright (C)
SOHO在宅ワーク内職
お仕事ガイド
All Rights Reserved.

Google/ Yahoo!